学校、塾、スクール経営コンサルティングで国内最大|船井総合研究所

 

スクール経営サポート倶楽部"

無料経営相談受付
メールマガジン














■ プロフィール ■






経営コンサルタント募集
学習塾・スクールに教材やシステム、販促物を販売されている企業様はこちら
学習塾・スクールに教材やシステム、販促物を販売されている企業様はこちら



取材・報道関係のお問合せ

教育・スクール業界NEWS&経営ノウハウ情報

  • ニュース
  • 月刊レポート
  • メルマガ記事
  • ブログ記事
    • 2017年02月21日更新
    • ・<学習指導要領>英語、小3から プログラミング必修化【毎日新聞】
    • 文部科学省は、小中学校における次期学習指導要領改定案を発表しました。グローバル化や情報技術へ次期学習指導要領においては、「外国語活動」を小学3、4年に前倒しし、小学5、6年は教科に格上げされます。小学3、4年の外国語活動は「聞く」「話す」が中心で、5、6年で「読む」「書く」の要素が追加されます。
      また、小学校の「総合的な学習の時間」の中でプログラミング教育が必修化されるほか、国語では語彙の習得に力を入れるということです。
    • ・2018年度入試から各大学で変更 北大が国際総合入試を導入
    • 2018年度に実施される各大学の入学試験において、変更点が発表されています。
      まず北海道大学では、「国際総合入試」が新たに実施されることとなりました。
      国際総合入試は、国際バカロレア(IB)、もしくはアメリカの大学共通試験(SAT・ACT)いずれかの成績証明書を提出する必要があり、文系では5名、理系では10名募集するということです。
      また筑波大学では、推薦入試にて英語外部試験を導入し、一定の基準を満たしたスコアである場合は総合評価に反映することとしています。
      私学では、聖心女子大学は文学部の一部入試試験において、英語外部試験で一定の基準を満たしている場合、入試の得点を1.1~1.2倍にする、ということです。
    • ・最低賃金支払わず、英会話塾を書類送検 容疑で京都上労基署【京都新聞】
    • 京都上労働基準監督署は、最低賃金法違反の疑いで、京都市西京区内の英会話塾「クリスイングリッシュマスターズ」と社長を書類送検しました。英会話塾は2016年2月より破産手続きを開始しています。
      同校は、2015年1月から10月にかけて従業員25人に対し賃金約600万円を払わなかったとして書類送検された模様です。
    • 過去のニュース一覧>>

教育改革対応法セミナー2017

2017年新入社員研修

子ども向け教育業ビジネス新規参入セミナー2016

英会話スクール向け 英語教育改革対応法セミナー

船井総研における教育業界特化型の 戦略コンサルティングサービス



学校経営コンサルティング


スクール・学習塾向けクチコミ紹介事例パーフェクトマニュアル

2014年学習塾業績アップDVD

スクール・学習塾向けコンサルティング内容



スクールビジネスレポート抜粋版



塾経営TopLeadersマガジン



コンサルティング事例レポート



お客様の声



Funaiメンバーズ 動画コンテンツ 会員動画の閲覧について>>







プライバシーマーク

Copyright © 2003-2015 Funai Consulting Incorporated All rights reserved.